会社案内

株式会社ユピック

代表挨拶

私達には今、限りある地球資源を守る循環型社会を構築して行く責務が課せられています。

幸いに、我が国の自動車リサクル法は世界的モデルと認められている完成度の高いものであり、なかでも環境負荷がもっとも少ないリユース、リビルド部品の普及拡大が核となっています。

当社は、お客様である自動車整備工場様から「リサイクル部品を確実に、しかも安心して買いたい」にお応えする、を目標に誕生した会社です。

そのため、1品物のリサイクル部品を迅速・確実に探し、しかも安心できる品質と価格で100%供給することに挑戦してまいりました。現在、当社ネットで探せる仕入れ先は1000社を優に超えており、供給力ではどこにも負けない、と自負できるまでになっております。

 

しかし、どんな仕組みもお客様のご満足をいただくレベルとするには、仕組みを運用する社員力が、お客様に感謝され喜ばれるホスピタリティ精神あふれたものでなければ、宝の持ち腐れとなってしまいます。

道は遠いですが、これからもこの目標に向かって全力で取り組んでまいります。

今後とも変わらぬご愛顧の程、宜しくお願いいたします。

 

代表取締役会長 入村 健二郎

事業内容

ユピックグループは、自動車リサイクル部品販売の「株式会社ユピック」、整備業の情報発信基地の「株式会社せいび広報社」、中古 アルミホイール・タイヤ・カーナビを販売する小売ショップ「ビックフット」、新品から中古、アウトレットを含めたタイヤの流通センター「羽生物流センター」という4つの業態で、くるま社会の環境の進展に向けた活動を 行っています。

ユピックグループ

ユピックグループ所在地・沿革

所在地〒144-0051 東京都大田区西蒲田6-36-11西蒲田NSビル5F
TEL・FAXTEL:03-3736-0431 FAX:03-3736-1301
MAILユピック:info@yupic.co.jp
ビックフット武蔵村山店:bigfoot01@crocus.ocn.ne.jp
ビックフット埼玉川口店:bigfoot02@car.ocn.ne.jp
羽生物流センター:hanyu@yupic.co.jp
設立1991年4月
資本金2500万円
事業内容自動車中古部品・リビルト部品販売
中古アルミホイール・タイヤ・ナビ販売(ビックフット)
外車部品・大型車部品販売
取引銀行三井住友銀行 東日本銀行 東京都民銀行
グループ会社出版社:株式会社せいび広報社
沿革1991年4月株式会社ユピック設立
2002年7月ビックフット武蔵村山店オープン
2005年10月ISO品質マネジメントシステム取得
2006年11月ビックフット埼玉川口店オープン
2013年2月ビックフット埼玉川口店を移転新装オープン
2013年8月羽生物流センターオープン
参加団体NGP日本自動車リサイクル事業協同組合
日本ELVリサイクル機構
日本自動車リサイクル部品販売団体協議会
日本パーツ協会
営業時間平日・土曜日:9:00~18:00  日曜・祝日:休日
アクセスJR蒲田駅より徒歩5分 京急蒲田駅より徒歩10分