給与体系

2016年11月ユピックニュース

バイト時給1000円時代に突入
人手不足が企業収益の圧迫要因に

 人手不足が深刻さを増し、そのまま時給、最低賃金のアップが企業の収益を圧迫し始めている。このほど、帝国データバンクが景気動向調査と合わせて行った最低賃金調査で明らかになるとともに、求人サービス大手のインテリジェンス調べでも、この9月に大きく上昇、募集時の平均時給(全国)が、1003円になったと発表しています。

2016年度の最低賃金改定幅が急上昇した要因は、政府が進める「ニッポン一億総活躍プラン」など施策が後押ししているもので、企業側にも給与の見直しを検討する比率が35%あるなど、経営体質を根本から見直さなければ企業の存続が危ぶまれる時代、だと言えます。


ビックフット川口店開業10周年

平成28年10月19日(水) ビックフット オーナー会議 @東京国際フォーラム ガラス棟会議室G609号室にて ビックフット川口店開業10周年の表彰を受けました♪

ビッグフット10周年


お客様向け無料セミナーを開催!

我々の兄弟会社である『せいび広報社』は業界47年の歴史をもつ自動車業界に特化した出版社であります。とりわけ、自動車整備関連業種への取材や案件は年間200回を超え、生きた情報を足で入手しています。

つきましては、皆様にもその生きた情報である成功事例をセミナーという形でお伝えし、共有出来ればと考えております。11月の初旬、これからも益々忙しくなる中ではございますが、是非ご参加して頂きたく、ご案内を申し上げた次第でございます。

 

セミナーテーマ

『いま、どんな整備工場が成功しているのか』

 

日程 11月19日 (土)    9 : 30 ~ 12 : 15

   場所・(株)ユピック本社 東京都大田区西蒲田6-36-11-5F会議室

連絡先・せいび広報社 03-5713-7603

  会場の都合により25名にて受付を終了します。

いますぐお申込み下さい。

 

スケジュール

9 : 15 ~  受付

9 : 30 ~  オープニング

9 : 35 ~  成功事例説明(せいび広報社より全国の成功事例を紹介)

10 : 15 ~  休憩

10 : 30 ~  協賛企業商品紹介(インターネット販売支援策)

11 : 00 ~   協賛企業商品紹介(車検保証の活用策)

11 : 30 ~   協賛企業商品紹介(効果的な車販で顧客拡大の方法)

12 : 00 ~  質問・アンケート記入

12 : 15 ~  セミナー終了

 

※10月29日に予定されていましたセミナーはお客様とのご都合が合わなかった為、延期とさせていただきました。


整備工場・板金塗装工場元気通信

リフトの事故件数がずば抜けて多い過去10年間で211件の事故発生

整備機器の事故発生が止まらない。平成18年から27年までの10年間では、死亡者9名、負傷者85名、車両損傷251件を伴う重大事故だけでも347件発生しています。整備機器別にはグラフ1に示している通りだが、なかでもリフトに絡む事故件数が際立って多い。

リフト事故を原因別にしたのがグラフ2。取扱不良が毎年最上位にあり、次に点検不履行が続いている。整備機器の正しい使い方や保守点検方法など事故を未然に防止する社員教育、意識啓発などに取り組みたい。

また、事故が消えない状況を憂慮した日本自動車機械工具協会では、このほど機器の正しい使い方、保守点検の必要性を理解してもらうため、「整備機器の事故撲滅を目指して」のポスターを作製して、日整連を通じて配布しており、社内に貼付して事故防止に役立ててほしいと訴えています。

整備機器別の事故件数

整備機器別の事故件数

事故原因の推移

事故原因の推移

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です