お台場旧車天国2

2016年12月ユピックニュース

冬期休業のお知らせ

平素は格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。

誠に勝手ながら、下記の通り冬期休業とさせて頂きます。

大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご了承の程よろしくお願い致します。

1229日(木) から 14日(水)まで

15日(木)より平常通り営業致します!


外国人の改正実習制度が成立
実習期間を3年から5年に延長

11月18日の衆議院本会議で外国人の技能実習制度を拡充する法案が成立した。この結果、今年の4月1日から対象職種として認められた自動車整備業も、外国人技能実習生を拡充できることとなり、法が施行される1年後には多数の外国人応募者が増加すると見込まれています。

短期の研修期間でスタートした外国人技能者を受け入れる制度は、20年以上前から実施されてきた。研修とはいえ、日本で働きたい外国人は多く、制度は次第に拡充され、いまでは74職種133の仕事まで広がっている。自動車整備業の場合は、今年の4月1日から対象業種に加えられたこともあり、まだ受け入れる管理団体が少ない。

しかし、今回の制度拡充の後押しもあり、今後急激に利用したい事業者が急増すると見込まれています。今後の制度等の変更、拡充などを注視しながら、受け入れの準備をしておくことをおすすめしたい。


東京都お台場旧車天国

去る11月20日東京都お台場旧車天国が開催された。(主催・㈱八重洲出版社)本イベントはいわゆる旧車のスワップミーティングである。出展者の多くは個人ユーザーで、直接会場に展示車両を乗り付けてくる。そういった背景から展示される時間よりも搬入、搬出時の方が楽しめるという側面を持っている。企業ブースではオイルなどの消耗品や旧車に特化したアフターパーツなどの展示が行われ、賑わいを見せた。マニアックなアイテムを発掘出来ると、多くの来場者が足を運んだ。もちろん家族連れでも楽しめるような体験型イベント、キッズコーナーやトークイベントなども好評で、最終的な来場人数は去年を上回る20,236人が来場した。


整備工場・板金塗装工場元気通信

1年以内の新車購入者の意向は
エコカー・安全装備車に関心高い

JDパワーでは、このほど新車購入者に対する2回目の意向調査を実施しています。今後1年以内に新車乗用車の購入を検討している対象者の声であり、整備工場にとってもお客様が何を重点に購買行動をするかを知る貴重な情報ということでもあり、概略を発表します。

<検討するブランドは>

*複数ブランドから比較検討する   55%

*ブランド数は           2.5ブランド

*量販車の場合は          2.4ブランド

*高級車の場合は          2.9ブランド

<エンジンタイプは>

*ハイブリッド           53%

*PHV               18%

   *電気                             12%

*燃料電池             7%

*ガソリン対ジーゼル        65%対19%

<最も重視する点は>

*安全性  60代の男性       15%

50~60代の女性     18%

20~30代男性      7%

20~30代女性      10%

*最新の安全装備

  • 衝突回避および被害緩和システムに興味

60代の男性       58%

       60代の女性       56%

20代の男性       33%

20代の女性       37%

  • 踏み間違いの誤発進防止機能に興味

60代の男女       52% 54%

20代の男女       32% 37%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です