2012年8月号ユピックニュース

スキャンツール活用促進策まとまる

国交省:高度化検討会報告書で明らかに

国土交通省が昨年8月より「自動車整備技術の高度化検討会(座長:須田義大東大生産技研センター長)に検討を依頼してきた新技術に対応した汎用スキャンツール仕様や活用促進策を、このほど報告書としてまとめました。

このうち、汎用スキャンツール基礎研修など人材育成は、今年度より各地の整備振興会等でスタートする運びとなっております。

報告書では、他に

①乗用車用の汎用スキャンツールの標準仕様がまとまったため、使用に沿った製品が開発される、

②大型のディーゼル商用車のスキャンツール開発のガイドラインが策定、

③スキャンツール普及促進策等を報告、

を取り上げており、別紙のとおり対応策に沿った方策が進められることになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です